リフォームに関する記事を書いています

増税前のリフォームについて

投稿日時:2014-03-12 15:20:07

http://allabout.co.jp/gm/gc/432214/

2014年4月より、日本の消費税が現行の5%から8%に引き上げられることが決まりました。

その影響を受けて、住宅購入などでは、増税前の駆け込み需要が増えているといいます。

当然、リフォームも例外ではありません。むしろ、リフォームの場合は契約日や引渡し日によって、新しい消費税率が適用されるかどうかが決まりますから、注意が必要となります。

増税の際にリフォームでチェックすることは、「経過措置の指定日前に契約したかどうか」、「新税率適用前に引渡しされるかどうか」の2点です。

リフォームでは経過措置によって、指定日(今回は2013年9月30日)前に工事請負契約を済ませておくことで、増税前の税率が適用されるようになります。

また、契約日に関係なく、新税率の適用前に引渡し日が来る場合は、増税前の税率が適用されます。

この二つの条件のうち、どちらかを満たしていれば、増税前の税率でリフォームを行うことができます。

ただし、何らかの理由で引渡し日が延期され、新税率が適用されてしまうこともあるので、注意しなければなりません。

8%への増税は間近ですが、来年には10%への増税も予定されています。増税前のリフォームはこれらの点を注意して、余分な費用がかからないようにしましょう。

イチオシ

Author

  • 名前:佐々木DON
  • 性別:男

記事検索

BACK TO TOP