リフォームに関する記事を書いています

ZEHの省エネ・創エネリフォーム

投稿日時:2017-06-12 15:08:20

最近、ZEH(ゼッチ)という言葉をよく目にします。これは「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」の略称で、今後の住宅ではスタンダードとなっていく仕様になります。住宅のリフォームを考えているなら、ZEHの基準でリフォームするだけの価値はあるでしょう。

ZEHがどういう住宅なのかというと、断熱性・自然エネルギー活用・太陽光発電・データ蓄積が可能な計測装置を搭載した住宅になります。わかりやすくいうと、省エネかつ高効率でエネルギーの消費を限りなく抑えて、しかも太陽熱などで自力でエネルギーを作り出せる住宅なのです。消費エネルギーと創出エネルギーがほぼ同じで実質エネルギー消費がゼロになる住宅ということですね。国の方針として、2030年までにこのZEHが標準仕様となるのだとか。だとすると、せっかくリフォームをするなら、今のうちにZEHにしておいた方が後々得になるかと思いますね。

難点をあげるなら、先進的な技術を取り入れるリフォームになりますので、どうしてもコストがかかることです。ZEHビルダーと呼ばれる登録企業にしか依頼できないので、地元のなじみの工務店にお安く頼む、といったことはできない可能性が高いでしょう。登録企業も、やはり大手が多いです。

しかしZEHには補助金制度もありますので、ランニングコストが優れていることを考えても、初期コストをかけて大手のハウスメーカーにリフォームを依頼する価値はあるかもしれませんね。

Author

  • 名前:佐々木DON
  • 性別:男

記事検索

BACK TO TOP